借りるのは悪いことなのかしら?

トップページ
お気に入りに追加

借りるのは悪いことなのかしら?

huhkjhgdjshdks,jdk

多くの一般人が、お金を借りる、いわゆるキャッシングすることに対して良いイメージを持っていません。多くの人が借りるとすれば、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど長期的な低金利のいわゆるローンというものになります。

しかし最近3年間、カードローン、キャッシングサービスを利用した人は全体の1割もあったと言われています。ある銀行の調査によるとサービス契約者の3割近くが定期的に利用、口臭入社のほうが定期利用が高いという例もあるんだとか。

娯楽、交際費、生活費となっているのがキャッシングの目的となっているようです。1回に借りる金額としては1万円から2万円が主流となっており、20万円未満の人は9割と言われています。

キャッシングはサラ金というような悪いイメージとは異なり、簡単な申し込みでお金を借りる方法、と現在ではイメージづけられているようです。

キャッシングは悪いというイメージがなんとなくつきもの

しかし一方でやはりキャッシングはお金を借りている、借金をしている状態なので、あまりよくないというイメージを持っている人も多いのです。

そのようなお金を借りることについて、利用目的がしっかりしたものであればイメージもそれほど悪くもたずによい、ということを世間に植え付ける必要があります。

いざというときに、やはり必要なのはお金です。そのためにキャッシングというものがあるのです。そうそうお金を頻繁に借りることはなくとも、いざというときに借りたいというときのためにキャッシングという方法があるということを知っておきたいものですね。